Windows 2000 / XP EFS

Cryptainer SE

ユーザー自身がログオンして自身の証明を使用してデータを暗号化/暗号解読するという前提で、EFS暗号化と暗号解読は、ユーザーの通常のログインとは別のパスワードを必要としません。 Cryptainerのパスワードはユーザーのログインパスワードから独立しており、ログインパス ワードの固有の脆弱性から保護されています。
NTFS付きのWindows 2000 / XPでのみ稼動。 Windowsの全てのバージョンで稼動。
通常のコマンド(コピー、移動など)を使用して暗号化ファイルを別のファイルシステム(FAT、FAT32、NTFSの早期版)に移行して暗号解読形 式でファイルを保存。 暗号化データをコピーまたはWindowsがサポートする全てのファイルシステムからコピーするこ とが可能。
ネットワーク上で暗号化ファイルを開くと、リモートサイドでファイルが暗号解読され、ネットワーク上から暗号解読されたデータを送信します。 クライアント側でのみネットワーク上で暗号化ファイルを開きます;従ってデータはネットワーク上を暗号化形式で移行します。
遠隔暗号化はデフォルトで有効となっていません。 Cryptainerは暗号化をする最中にローカルとリモートマシン間を区別しません。
フォルダの暗号化はファイル内の表示を防ぎません。 Cryptainerボリュームに保存されたフォルダはパスワードなしではアクセスすることができ ず、ファイル表示もできません。
NTFSの圧縮方法により、圧縮と暗号化は同一ファイルで排他的です。 Cryptainer ボリューム内のデータはあらゆるサードパーティ圧縮ユーティリティで圧縮す ることが可能です。
ほとんどのデータバックアッププログラムはEFS暗号化ファイルバックアップを認識していません。 現在、Windows 2000に含まれるMicrosoftの バックアップユーティリティのいが処理中に暗号解読せずEFSファイルをバックアップすることがで きます。 Cryptainerボリュームファイルはあらゆるデータバックアッププログラムを使用することが できます。ボリュームファイルの全てのコピーは常に暗号化形式となります。
システムへの物理的アクセスからユーザーはシステムをフロッピーディスクで起動し、またはO&O BlueConなどでユーザーが暗号化したファイルにアクセスすることが可能です。 Cryptainerボリュームファイル内のデータは、マシンへの物理的なアクセスからでさえアク セスすることはできません。